« あったかいランの理由 | トップページ | うつくしま福島! »

2014/11/06

6号線

兄は農業関係の研究者。 ずっと北海道にいたけれども、原発事故があってから新しく作られた福島の研究センターで農業放射線研究をしている。
震災後、一度も東北に来ていなかったので現状を見るべきかと兄に相談するとやはり福島の海岸線を走って見てきて欲しい、と言われた。
今後ニュースなどを見た時に実際目で見ていると見ていないでは感じ方が違うだろうからと。

Dscf4249



母は義姉に五色沼散策に連れていってもらい、私はドッグランサムで午前中楽しく過した後、ひとりで6号線へ向かった。


Dscf4214



国道6号の双葉町-富岡町間(約14キロ)については、帰還困難区域だった場所で先月から車の通行のみ通過出来るようになった区間。





6号線はむしろ渋滞しているぐらい車の往来が多かったけれども、この区間にさしかかると皆無言でアクセルを踏むのだろう、流れに乗って走ったが気がつくとメーターは100キロを超えていた。
数十分毎にパトカーとすれ違うけれどももちろん止められることはない。









Dscf4257




二輪車、歩行者は通行出来ず、側道には全てバリケードされていて曲がれない。
ゆえに信号はずっと黄色の点滅が続く。
Dscf4245




3年手付かずの家、田んぼ、お店、車。
青い空の元に眩しいほどのセイタカアワダチソウがずっと広がるあの真黄色の光景はずっと忘れない。
Dscf4227




その区間の手前の町には仮設住宅が並び、人々の生活がそこにある。
なぜか、涙が止らなかった。
除染も進み、試験農地の検査もクリアーして来年は作物を又栽培出来るようになるらしい。
Dscf4261



軽々しいことは言えないけれども、そこに行った事はニュースなどを見て今度何かを考える時に、兄の言う通りに意味があるのだろう。
大きな福島県をほぼ北から南へ6号線を何時間も走り
心身ともに疲れたけれども、思い切って行ってよかったと思っている。

.


.

 
 

« あったかいランの理由 | トップページ | うつくしま福島! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6号線:

« あったかいランの理由 | トップページ | うつくしま福島! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

何才?

  • PitaPata Dog tickers
  • PitaPata Dog tickers

マイペット

  • ハイディ Heidy


    2009年7/25 豪州タスマニアン犬舎生まれ
    同9月個人輸入にて来日
    ♂ スタンダード
    ラベンダー、フリース(体はウール疑惑)


  • ロビ Robby


    2010年4/20 豪州サンセットヒルズ犬舎生まれ
    7ヶ月で単身来日
    2011年6月より我が家に

    ♂ ラージミディアム
    ゴールデンクリーム、フリース