« トレイル散歩と獣医さんへ | トップページ | 幼稚園児とのふれあい »

2018/10/06

パンプキン農場へ

ロビは耳を振ったりしないので

あまりひどくはなさそうだけれども、初めて耳の薬が出たので
とりあえず言われた日数ちゃんとして治してしまおうと思います
ハイディに比べて、耳毛も少ないのですが
お薬を入れやすいように、今回はちょっと丁寧に奥まで抜きました
20181005dsc_0094
うちから40分ぐらいまた郊外へ行ったところに、ドッグフレンドリーの
カボチャのピックの農場があると聞いて、空いていそうな平日に行ってみた
道はとにかく2度ぐらい曲がって後はまっすぐ一般道を行く、といった感じ
うちの前の住宅街の制限速度30マイルから大通りに出て45マイルになり、、、
「時速55マイル(時速88.5キロ)ってほとんど高速道路じゃない?」
って思いながらしばらく行くと
目的地の農場のサイン?が見えて来る
もう、本当に巨大なカボチャの風船
20181005dsc_0036
平日は入場料8ドルでこれだけついてくる
中ぐらいのカボチャ、干し草を積んだ荷台をトレーラが引いてくれる乗り物の乗車
干し草の迷路、ふれあい農場(のエサ)
ホームページに”well behaved”(しつけの良い)の犬はウェルカムと書いてあったけれども
一応確認すると快く入れてくれた
20181005dsc_0046
幼稚園の遠足の子たちがたくさん来ていたから
今日はダメって言われちゃうかなとも思ったのだけれども
広いし
20181005dsc_0082
それに農園の犬が2頭、放し飼いだったくらいだから
よくしつけられていて、吠えないのはもちろん子供達にめちゃくちゃ触られても
全然平気(これはうちも同じでしたが)
そして、リードに繋がれているハイロビのことは気にはなるようだったけれども
近寄ってこなかった
上の写真はお店の中でばったり出くわした時のもの
向こうがノーリードなので、私が焦っていてブレている
でもすぐお店の人が小さな声で支持を出すとスッと消えていったから
さすがだね
20181005dsc_0079
向こうに見える青いTシャツが園児たち
建物の屋根付きのテラスのベンチでスナックタイム
組か学年で色違いのTシャツだった
20181005dsc_0041_2
大きな屋根の下は動物のエサやりコーナー
ヤギ、羊、そして牛がいた
入り口で餌をもらったのでススっと通ってお腹の大きなヤギ2匹に全部あげて 笑
ささっと通り過ぎて
20181005dsc_0061
こんなのとか
20181005dsc_0065
.
こんなのと
お散歩しながら写真を撮って歩いて
20181005dsc_0077
肝心のかぼちゃ畑は、、、
何畝かはあったけれども、ほとんど実はもうなくて
その横にずらっと一列に並べてあるかぼちゃから選んでいくと言う感じ
よく見るとヘタの部分はすっかり乾いているし、ここで採れたのじゃないとおもう
20181005dsc_0057
市内に近いし、小さな子供向けの観光農園っぽいけれども
お散歩もできて、たくさん写真も撮れて、子供達とも触れ合えて満足!
..
写真がたくさんなので続く、、、






⇩ポチッとお願いします


.


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ




.






. ..







 
 

« トレイル散歩と獣医さんへ | トップページ | 幼稚園児とのふれあい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンプキン農場へ:

« トレイル散歩と獣医さんへ | トップページ | 幼稚園児とのふれあい »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

何才?

  • PitaPata Dog tickers
  • PitaPata Dog tickers

マイペット

  • ハイディ Heidy


    2009年7/25 豪州タスマニアン犬舎生まれ
    同9月個人輸入にて来日
    ♂ スタンダード
    ラベンダー、フリース(体はウール疑惑)


  • ロビ Robby


    2010年4/20 豪州サンセットヒルズ犬舎生まれ
    7ヶ月で単身来日
    2011年6月より我が家に

    ♂ ラージミディアム
    ゴールデンクリーム、フリース