ダラス暮らし

2019/12/15

やっと会えたね

Dsc_1608

順番が前後しちゃいましたが

この日大きなツリーの前で新しいお友達と待ち合わせしていました

Dsc_1612

裏はこんなです

去年は点灯式に来たのですが今年は東京にいたので見逃しました

Dsc_1619

来た来た

ルクセンブルグから10月に来たばかりのウェスティのウィスキーです

ママに挨拶したかったのに待てさせられて、そっちばかり見ているハイロビと

新しい大きな友達の匂い嗅ぎに夢中な彼です

 

Dsc_1624

1年ぐらい前にママから自分たちもプレーノーに転勤になったのだけれども、と

連絡をもらってやりとりを続けていたインスタグラムの友達です

 

Dsc_1626

元々はキプロス出身の優しいママでした

ワンコは13歳男子、自由です

Dsc_1629

池の周りをお散歩して

ホテルの一階にあるスタバでお茶をして

Dsc_1640

お別れ前にもう一回チャレンジ

良いんじゃない?

.

Dsc_1641

んんん?

もう終わり、って

自分で終わりを決める新しいお友達をよろしくね

.

 

 

ママはハイロビとサッと並べて撮るのを小さな目標にしたんですって、、、






⇩ポチッとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ

.

 

 

 

 

 

 

 

2019/12/13

街散歩とモデルウォーク

Dsc_1711

目立ちすぎるパジャマを脱ぎ捨てて

少し街中を散歩して写真も撮ってみました

この電飾のリボン、ものすごく大きいのですが

建物も、道幅も広いのでなんだか写真を撮ってみると普通に見えます

Dsc_1710

暑くないので日向でも日陰でもどこでも撮影可です

ここはビニールで囲われた広いパティオ内ワンコフレンドリーなイタリアンです

Dsc_1715

そして車を停めた公園脇まで戻る帰り道で

「モデルのPV写真と動画を撮っているのだけれども

犬を貸してくれないか」と言われて

えー、ちゃんとハンドルできるのかなと思いましたが

Dsc_1717

まぁ、なんとかそれなりな感じに撮れたのではないでしょうか

私はこっちで「ゆっくり!」とパワーを送っています

Dsc_1720

近くにいるとちゃんと歩けないかと思って離れたら

やっぱりこっち向いちゃいますね

ハイディは道の向こうからやってくる大きな犬に気づいたところです

 

Dsc_1719

今度はロビが気づいていますがお構いなしに歩くモデルさん、、、

もう少しワンコに慣れている人だったら

彼ら、もうちょっとカッコ良く歩けたのになって思う私です

.

 

 

4枚目の大きなテキサスロングホーンの銅像と写真を撮ろうと思っていたのに
すっかり忘れて帰ってしまった、、、
お顔は可愛い人でしたが、太腿のタトゥーとニーハイブーツのインパクトが強くて






⇩ポチッとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ

.

 

 

 

 

 

2019/12/08

ワールド・オブ・コカコーラ

Dsc_1465 

ジョージア州アトランタといえば、コカコーラ

博物館は有料で結構なお値段だけれども、十分楽しめるところ

Dsc_1471

ワンコは中には入れないから、この大きな大きな着ぐるみ(だと思う)のポーラベアーと

ハイろびの写真は撮れず

並んで私との写真を撮っても、、、なのでやめておきました

スマホ撮影は自由、その他プロが構えていてQRコードの入ったカードをくれて

すぐにデーターを購入できたり(1データ30ドル)

出口の売店の最後のところでプリントアウトして記念の紙のボードみたいなのに入れてくれる

と言うよくある仕組みになっている

 

Dsc_1485

短いフィルムや、お兄さんが軽快な喋りでコカコーラの歴史を説明してくれて

古い、マニアでなくても心躍るような昔の自動販売機や広告バナー等々

Dsc_1489

加山雄三もいました

Dsc_1482

広告費に莫大なお金をかけてきたでしょうから

一つ一つが絵になります

デザインも展示も面白かったです

 

Dsc_1480

これは足で圧をかけて蓋をする機械

Dsc_1493

ピンバッジの壁面

アトランタオリンピックに決まった年の選考会場は東京だったのだけれども

決定の次の日、山手線でちょうど前にアトランタのオリンピック委員のバッジをつけている人がいて

つい前の日にテレビで見たので

「おめでとう、アトランタには行った事があるんですよ」って話しかけると

とても喜ばれて、胸につけていたそのバッジをいただいた事があります

きっと限定ですから、貴重なものでしょうね

どこにやったかな、、、残してきた物と一緒に東京にあるはずです

 

Img_5617

他にも様々な展示コーナー、体験コーナーがあり

最後のめちゃくちゃ広いお土産物売り場の一つ前には

世界100か国の味のコーラの試飲コーナーがありました

ココナッツ味や、ただのソーダ?みたいのがありましたが

ちょっとづつとは言え、そう飲めるものでもありませんよね

 

 

Dsc_1529

コカコーラワールドにどっぷりハマって、楽しんだ後のお土産物屋さんは危険です

コーラのマグカップを手に取って、ハッと

「いや、コーラってマグで飲まないし」って気付いたり、、、笑

結局、記念にクリスマスのサンタのフィギュア(コーラ持っていて、子犬が足元にいる)と

このお高いフリースのバンダナをお土産に買いました

Dsc_1541

「子供よりお利口だわぁ」って声をかけられました

コメントは万国共通ですね

 

 

 

主人はずっとダイエットコーク愛飲者だったりします
私はほとんど飲みませんが、、、ごめんなさい






⇩ポチッとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ

.

 

 

 

 

 

2019/12/07

ストーンマウンテンへ

Dsc_1444

アトランタ郊外の観光地、ストーンマウンテンにも行きました

そう30年前にも行って、この山の前に広がる芝生の広場でレーザーショーを見た思い出がありますから

フライドオクラなんかつまんだりして、ね

標高513メートルのこの山は、その名前の通り一枚岩(世界最大の花崗岩)

 .

Dsc_1448

 

ストーン・マウンテンの山腹には南北戦争の南軍の司令官、将軍達の世界最大とされるレリーフがあって

これはかの有名な4人の大統領の胸像と同じ彫刻家が製作したそうです

Dsc_1447

30年前にもロープウェイはありましたが、さらに

子供達が喜ぶような遊園地や、写真左手には人工雪のそり遊び場ができていました

Dsc_1451

旅行中、なんだかロビがとっても嬉しそうで

いろんな事がわかっているのかも知れません

ハイディの方はそんなにいろいろ考えていないと思いますが

いつもご機嫌なので助かります

この写真2匹がとっても可愛かったのですが、冷たい風にさらされて

ものすごくシワが「深く刻まれている」と言う言葉がぴったりの私だったので

思いっきり隠してみました

 

 

 

 

カメラの性能が良すぎるのも良し悪しですな、、、







⇩ポチッとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ

.

 

 

 

 

 

2019/12/05

ピードモント公園で秋色撮影

Dsc_1411

ランから公園内に登り坂があるだけで

平たい州から来た私たちはなんだか嬉しくてたくさん歩きました

所々で止まって広さを意識した写真を撮ってみたり

 

 

Dsc_1420

青い空を撮ってみたり

Dsc_1424

残念ながらちょっと臭う池のほとりで撮ったり

Dsc_1431

広角っぽい?

練習をしてみたり

Dsc_1400

11月を丸々東京で過ごしてしまったので

今年はハイロビの秋色写真が抜けてしまうかと思いましたが

なんとアトランタで撮ることができました

 

 

 

ロビがいつも良い味を加えてくれます






⇩ポチッとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ

.

 

 

 

 

 

2019/12/04

アトランタの公園散歩とラン

Dsc_1381_20191204015301

前日の長旅の疲れも見せず(運転は主人だけですからね、私は時差で爆睡)

次の朝は元気に公園散歩から

ピードモントパークはドッグパークがあるらしい、、、

でも入り口あたりからは全く見えません

でもワンコ連れが向かう方がそれに違いませんよね

Dsc_1386_20191204015301

向こうに見えるのはミッドタウン、金融街?らしいです

Dsc_1390_20191204015301

空が広くてきもちが良い朝でした

 

Dsc_1396

広いちょっとダラスよりやっぱり坂のあるランでした

広さにはもうびっくりしない今日この頃です

サンクスギビングの休日だったので、たくさんワンコがいました

アトランタの人口に対する公園の割合は低いのだそうで

大きなランでしたから、ここに集まるのかもしれませんね

Dsc_1393

主人っ子なので、適当にあたりを見回して来るものには挨拶した後は

主人と楽しそうにアジリティで遊んだロビ

潜ったり登ったり、上手です

Dsc_1397

いつでもどこでもランではこのスタイルのハイディ

あ、元気な子達が群れでバーっと走るとちょっと追いかけてみたりはしますけれども

ワンコ達とはあまり関わりません、その代わり問題も起こしません

Dsc_1399

ランの向こうの入口から入って

適当に挨拶したり、匂いを嗅いだりしながら進み

こちら側から出る。

くらいの時間のシニアっぽいランの使い方でした

 

 

 

お散歩をまだまだするつもりでしたしね






⇩ポチッとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ

.

 

 

 

 

 

 

2019/12/03

思い出旅行

Dsc_1367

ものすごく昔々のこと

私たちが婚約時代、主人はアトランタ、そしてフランスと長期出張が続いて

結婚式に帰ってきたりしたぐらいだったことを今更ながら思い出したりして

その頃私も一度訪れたことのあるアトランタへサンクスギビングの連休に行ってみることに!

「南部」と言うくくりから、何となくダラスとアトランタは近いような気がしてしまうけれども

いえいえ、テキサス州の広さをここでも舐めてはいけません

今度は東へ真っ直ぐ、本当に文字通りまっすぐの道を州境まで走るだけでまたまた数時間、、、

ルイジアナ州、ミシシッピー州、アラバマ州を超えてジョージア州までなんと12時間

ま、普通日本の駐在の方達は、アメリカ国内は飛行機で旅行しますからね

ワンコ連れの私たちはなかなかテキサスから出るのに苦労します、、、

Dsc_1376

晴れ女ですから、こんな気持ちの良いお天気に恵まれ

昔、クライアントや会社の同僚と住んでいた懐かしい住処へ

30年の間には、オリンピックがあったのであちこち変わっていたし

あの頃は日本はバブル期全盛だったとか

今テキサスで住んでいるところはアメリカの中でも治安の良いところ、などの理由から

いろんな思いが巡りましたが

昔の住んでいたところは驚くほど綺麗に保たれていて

主人もご機嫌に

二枚目の写真の後ろ、これは郵便ポスト!

あの頃は携帯電話なんてみんな持っていませんでしたからね

「手紙」ですから!!!「青いエアメール」ですから

主人にとって懐かしい思い出のスポットなのだそうです

Dsc_1379

テキサスと比べて、背の高い木が多く

森の中に街があるようです

土地も平べったくないので、山坂あり

ここなどは別荘地の中のような住宅街でした

Dsc_1387

1ヶ月ぶりに撮るハイロビ

可愛いな

 

 

 

 

あ、そしてハイロビってホテルが大好きなんです
ウキウキ部屋に入っていって、とりあえず全部見て回るのはハイディです






⇩ポチッとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/30

いい季節!

Img_3926

ちょっと顔まわりをトリムしなくちゃね

パパシャンプーでふわふわですが、カットは出来ませんからね

空と雲がすっかり秋っぽくなっていました

そういえば、私晴れ女なので、東京滞在中はほぼ晴れ

赤ちゃん用洗剤の優しい匂いの小さな肌着や

ピンクのタオルやガーゼやおくるみなどなど、毎日天日で干しながら

なんともテンションが上がりました

Img_3929

ここはドッグランの片側をぐるっと1階分高くデッキが囲んでいて

飲食店が数軒並んでいるところ

土日はかなりの人気です

特別なお店ではありませんが、ハンバーガーはお肉がおいしいからでしょうか

テキサスのものがいいですね

ビーフパティに、プルドポーク、そしてベーコンと欲張りな中身ですが

こちらではごく普通なサイズです

 

Img_3933

外を一日中いつでもお散歩できる大事な季節、半月は潰れちゃったね

これから挽回しようね

フタリとも良い子にお留守番ありがとう〜

 

 

 

あ、ハンバーガーはちなみに主人のものですから






⇩ポチッとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ

.

 

 

 

 

 

2019/11/29

空港へお迎えに

Img_3922

基本的にJALのマイルは主人用にとってあり、私はANAのマイルで一時帰国をします

ANAはダラスー成田間の直行便がなくて、ヒューストンへ国内乗り継ぎが必要なのです

行きは観光ついでに主人とワンズが2泊してヒューストンまで送ってくれましたが

帰りは一人で帰ってきました(大人ですから別に普通ですが荷物が重かった)

ヒューストンで税関審査も通ってきていますから

ダラスの飛行場の国内線の出口のこんなところで

二匹に再会することができちゃうのです

ロビは随分前から気付いていたけれども

シニアのハイディはかなり近づくまで他の人に愛想をふっていて 笑

ロビに引っ張られて気づくという、、、

飛びついてはいけないと躾けたので体をクネクネしながら、擦り付けてきて

それでもロビはちょっと足をかけて怒られながら

大歓迎すること数分、、、

後は拍子抜けするほど、極々普通に落ち着きました

Img_3943

前庭の端の大きなモミジバフウの木も紅葉は終わりつつあり

落ち葉がすごいことになっていたようです

主人がワンズはシャンプー、庭はブロワーできれいにしていてくれました

Img_3944

楽しみにしていた実

いい感じに乾いてきていました

あまりの大木なので、時差がなくなってスッキリしたら

高い脚立を出して収穫して、クリスマスのリースや飾りに使おうと思います

こちらでできたお友達とリースをしようねって、日本に帰る前にお約束しましたから!

調べたら、楓(フウ)の木とモミジバフウの木は原産が違うそうで
ここはアメリカなのでモミジバフウですがどちらも楓と書いても楓(カエデ)ではなく
マンサク科だとか
そして実がよりトゲトゲしているのがモミジバフウですって






⇩ポチッとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ

.

 

 

 

 

 

2019/11/05

ヴィッキーの青空トリミング

Img_6810

久しぶりのヴィッキー

Img_3193

私が帰るから、我慢して伸ばしていた、、、

Img_3208

さて、いつもの青空トリミングですよ

風もなく暑くなく、気持ちがいい秋の日です

_dsc0746

体を短くしたので

お顔もそれに合わせて短めに

ツンツンして、はりがあって、癖があって、とっても難しいヴィッキーの顔のカット

結局頭の上はかなり短くして、おでこの毛と流れがつながるように、、、

_dsc0747

耳はちょっと短くしてみました

パピー感が半端ないですが、、、10歳になったばかりの熟女です

 

 

普段声を出さないヴィッキーが、キュンキュン大きな声で泣いて
私を歓迎してくれて、、、泣ける、、、






⇩ポチッとお願いします


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンラブラドゥードルへ

.

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

何才?

  • PitaPata Dog tickers
  • PitaPata Dog tickers

マイペット

  • ハイディ Heidy


    2009年7/25 豪州タスマニアン犬舎生まれ
    同9月個人輸入にて来日
    ♂ スタンダード
    ラベンダー、フリース(体はウール疑惑)


  • ロビ Robby


    2010年4/20 豪州サンセットヒルズ犬舎生まれ
    7ヶ月で単身来日
    2011年6月より我が家に

    ♂ ラージミディアム
    ゴールデンクリーム、フリース